しゅーやの奇妙じゃない冒険

ゲームの攻略やレビューなどをやってます。できるだけ画像や動画を入れたいところ。当然のごとくリンクフリー。ゆっくりしていってね


2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その4(実技編その2)

実技講習2日目

初日に浅瀬での講習を終えて2日目
2日目は海洋講習3回だ
本州でならばここの海洋講習は泊りがけで
水の綺麗なところまで行くので
結構費用がかかるのだが
沖縄なので少し舟で移動したら講習場所
結局沖縄で安く講習が受けれるのはここの費用なのだろう

海洋講習では初日に浅瀬で習った技術を
実際に深い階層で試すことになる
しかし、浅瀬とは違い失敗しても水面は遠いので気を引き締めねば

というわけで実技講習2日目(DVDでの学科から考えると3日目)も朝8時スタート
まずは学科の復習を行い
船に乗って青の洞窟周辺にレッツゴー

船からのエントリーなので
「バックロールエントリー」
船の縁に座って背中からぐるっと一回転
そのまま浮くのを待って水面で待機
そして、浅瀬では行う必要が無かった
耳抜きをしながら深く潜っていくのである

深く潜ってしまえば、ほぼ声は届かないので
基本的にハンドシグナルによるコミュニケーション
ちゃんと勉強はしたはずだが
いきなり全部は覚えられるものではないので
身振り手振りや状況などもあわせて
どういったことを伝えたいのかを判断しつつ講習は進む

深く潜ったところでも
基本的に行うことは中世浮力をうまく使って
体の浮き沈みをコントロールして
自由に動き回ることが重要なのだ

ちゃんと学科を勉強している人なら分かるのだが
1日で複数回ダイブするときは
一番初めのダイブが一番深いようにするべきなのだが
さすがに、講習なので初回のダイブはやや浅い5Mくらいで行った
何か合ったとしても、すぐに水面に上がれる深さだね

初日に行った
・マスククリア(マスクに水が入った時の対処)
・レギュレーターリカバリー(レギュレーターが外れてしまった時に見つける方法)
・中世浮力での移動
この当りを水面ではなく水中で行うところからスタート
たった、5Mとはいえ耳抜きが必要になる深さである
この耳抜きがうまく出来ないと結構痛いので
こまめに耳抜きをして痛くなる前に調整をしなければいけないのだ

俺は体験ダイビングではあるが
過去に耳抜きもしたことがあったので
特に問題もなくOK
耳抜きには鼻をつまんでやるタイプとつばを飲み込む方法とがあるが
これは自分に合ったほうでやったらいいのだ

水の中で中世浮力で移動する練習が結局メイン
そのまま水の中で移動して
水面に上がって船に戻る
足のフィンを抜いてから船に上がるのだが
フィンをはずした時に海に落としそうで怖かったぜ

そんなこんなで1回目の海洋研修終了
一度、戻ってから2回目に行うことの説明を受けて
そのまま2回目に出発

今度の深度は12Mほど
1回目に比べると深いが
それでも、特に問題はナッシング
2回目のダイビングではバディの空気源を借りて
安全に浮上する方法の練習も行ったが
やはり基本は中世浮力を使った移動である
1回目よりも深い深度でトラブルが起きたことを想定しながら
ひたすら潜るのであった

3回目にして、最後の実技講習
少し休憩を挟んだが着替えたりするのもめんどくさいので
飯も食わずに最後のダイブ

最後のダイブは深度18Mと
「PADIオープン・ウォーター・ダイバー」では
もっとも深い深度まで潜るのだ

1回目と2回目は目印を使って潜っていたが
今回は目印も紐も無い場所で潜る練習を行う
難しいのかと思ったらそれほどでもなかった

水中に入ったらやはりメインは中世浮力による移動
これまでで一番深い18Mだが
基本的にはやることは変わらない
耳抜きをしながら18Mまで潜って
中世浮力で深いところを移動するのである

これまではインストラクターと一緒にしか潜ったことが無かったので
どこに移動するかを気にしたことは無いのだが
自分で目的をもって移動するために
コンパスを使った移動の練習も行う
テキストの説明だけだとよく分からなかったが
実際に使ってみたらこういうことかとよく分かった
やはり経験に勝るものはないのである

もちろん行うトラブル対処
実際に、水中で問題が起こることはほとんど無いのだが
起こった時に冷静に対処できるように
マスクが外れてしまった状態である程度移動して見たり
コントロールされた緊急スイミング・アセントで浮上したり
水面で自分の位置を知らせる用具を使ってみたり
いろいろ体験するのであった

そして、全ての講習が終わった後は
用具の片付けと手入れを行う
現在は、レンタルばかりだが
実際に自分の装備を持った時などに
ちゃんとした手入れを行わないと
すぐにダメになってしまうのだ
スキューバの用品は正直めっちゃ高いので
すぐに悪くしてしまったら後悔するぜ


後片付けを含めて全ての講習が終わり
すでに学科編でばれている
最後のテストを合格して無事ライセンスゲット

といっても正式なCカードは申請してから
後日届けられるということなので
仮カードを発行してもらい講習は終了なのだ

ライセンスを取るための旅行プランだったので
時間的に余裕がなく
飛行機に乗る12時間(連続ダイブなので本当は18時間)前に潜ってはいけないため
これで、この旅行でのダイビングは終了

講習中だったのでカメラで水の中の映像を撮ることもできなかったし
青の洞窟の奥まで行くことが出来なかったのが悔やまれる
もし、ダイビングライセンスツアーを考えている人は
可能であれば1日多めに取って、ライセンス取得後に
1回でいいので自由に潜れるように調整したほうがいいね


そんな感じでこの旅行の目的であった
ダイビングライセンスは無事獲得
学科、実技あわせてかなりの時間を費やした
密度の濃い時間で合った
こんなに真面目に勉強したのはいつぶりやら・・・

さて、もう今回で終わっても良いんだけど
番外編として、沖縄で食った食べ物や
最終日の帰る前の時間での観光を次の記事でちょっとだけ紹介するよ
ドラゴンボール風に言うと
もうちょっとだけ続くんじゃよ

2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その1(前準備編)
2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その2(学科編)
2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その3(実技編その1)
2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その4(実技編その2)
2015年夏沖縄ダイビングライセンス取得ツアー その5(ダイビング関係無い編)
関連記事
rankにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/07/15(水) 00:08:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<音で分かるPCのトラブル原因 | ホーム | アンチャ4のE3PVの続きが公開されたぞ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shuuya.blog114.fc2.com/tb.php/3054-a7f8ed4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

google

Amazon

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION
マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス
PlayStation VR
PlayStation VR

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

御咲 終夜

Author:御咲 終夜
オッスオラしゅーや
ゲームのレビューや攻略なんかを
いっちょやってみっか
参考になったら拍手とか押してくれたら
やる気が出るんだZE
リンクフリーなんで
記事なんかは自由に使ってくれたらいいZE
youtubeやニコニコにゲーム動画や
実況動画をアップ中
コメントしてくれると喜ぶZE
googleプラス1ボタンを入れてみたよ
押してみてね

iTunesストア

iTunes Store(Japan)

ソフマップ

ソフマップ・ドットコム

まとめ

ひまわりストリームでゲーム配信new!!
WMEでゲーム配信をする方法new!!
ニューマリWiiスターコイン攻略
Wiiをインターネットに接続して500ポイントもらおう
薄型PS3のHDD交換方法
PS3歴代売上TOP10
夏のドライブミュージック<
DS,DSライト,DSi比較
ゲーム攻略まとめ<
MHF日記1日目
MHFボス攻略まとめ
MHFレア素材まとめ
スマブラX隠しキャラ
WXW/77GWレビュー

ゲームプレイ動画


人気記事

ブログパーツ

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

楽天


バナー


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

リンク

サンクスリンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オススメ周辺機器

アクセスランキング

アクセスランキング

RSSフィード